2022年05月21日

レバナ・ツアー グラストンベリー

クリアサイトのイギリス、グラストンベリーツアーは6年前に参加しました。イギリスは私がとても好きな国、そして過去世からご縁がある国でもあります。
レバナ先生とともにイギリス旅行ができると知ってすぐに参加を決めました!
どうしてだか今行かなければならない!と感じたからです。

新緑の5月、とても良い季節に行きました。花々が咲き乱れ、緑は青々として美しく、気候もとても良い時期で旅行するには最高のシーズンでした。

このツアーのメインイベントはアルフリストンという場所のフェアリーフェアに行くことです。レバナ先生、オススメの妖精フェアに一緒に行けるとあって、参加者全員がワクワクしていました♪マイクロバスに揺られてたどり着いた場所は森の中の広場のようなのどかで自然いっぱいの場所でした。日本のような大会場を勝手に想像をしていたのですが、そこは本当にこぢんまりとした村の広場という感じで出店も全部で数十軒の小規模なフェアでした。小さなテントのお店が立ち並び、様々なものが売られていたり体験コーナーがありました。そこにはヒーリングや木を彫って作るワークショップやら魔女には欠かせない?フクロウたちがいたりと可愛いものやステキな体験で溢れていました。フェアリーチックな髪飾りや妖精の粉など日本ではなかなか目にすることのないものがあり目移りしました。

レバナ先生はここで師と仰ぐラルフ先生という方と再会し仲良さそうにふたりで会話をしながら歩いて楽しげにしていました。ラルフ先生とレバナ先生がおしゃべりしている様子は本当に旧知の仲という感じでとても微笑ましい光景でした。

この会場で私は音叉やクリスタルボウルなど様々なものを使って音響によりヒーリングしている女性にヒーリングをしてもらいました。たまたまこの女性がお試しで音叉でオーラを整えてくれたのがとても良かったので、ぜひ受けたいと思ったのです。そのヒーリングは女性が様々なものを使って木の音、海の音、いろんな音を出して深層部分に届く深いセッションをするものでした。とても素晴らしく印象深いもので自然に涙がこぼれるほどでした。レバナ先生やツアーのみんなもこの女性の音叉のお試しをしてもらいましたが、この場を去る時にはこの女性はレバナ先生とハグをし言葉ではない絆がふたりにあることがわかりました。女性はレバナ先生を見つめて涙ぐんでいました。ほんの數十分前に出会ったばかりなのに彼女は何かを感じとってレバナを見つめていました。とても印象に残る光景でした。

また別の日にはトールという塔のある丘からエッグストーンという本当に卵のような形をした石を数人の友達と探して歩き回ったのも良い思い出です。エッグストーンはぼってりとした温かみのある可愛い石でいつまでもその石の上で寝そべっていたいと思うくらい、良いエネルギーでした。

グラストンベリーの街には素敵なアロマオイルのお店や妖精や女神のグッズを売っている興味深いセンスの良いお店など見たいお店がたくさんで時間が足りないくらいでした。小さなティールームでイギリス式のクロテッドクリームとスコーンに紅茶のティータイムを少人数のグループでレバナ先生を囲んで過ごせたのがとても楽しかったです。

ストーンヘンジ、セブンシスターズの崖など印象深い場所も巡り、楽しく充実した旅でした。
いつかまたグラストンベリーをゆっくり訪れたいな、と思います♪



D9BDC8D8-413E-470A-9C65-010BB1B6DE11.jpeg

posted by Rumiko at 12:51| Comment(0) | スピリチュアル

2022年05月09日

ドクター・ストレンジ

以前テレビでやっていた映画、ドクター・ストレンジ。
たまたま冒頭の一部を断片的にちょっと観ただけで、この映画はちゃんと観たい!と思い、ビデオ屋さんに借りに行きました!
この映画、すごいです!
すごく面白くて、スピリチュアルなこともたくさん示唆されて、ワードとしてもいろいろ出てきます!
私には超面白い映画でした!

マーベルスタジオってディオズニー社なのかな。
上手にいろんな不思議を映像で描いています。

宇宙の不思議、多次元世界、時間の概念、魔術に魔法、闇の勢力との戦い。。。と盛りだくさん!
俳優さんもさぞかし大変だっただろうと思いますが、エイシェントワンという人物を演じた、ティルダ・スウィントンが私は大好き。
中性的な美しさで謎めいていて、知性的で文句なしにカッコいいです!

5月4日からこの映画の続編が公開されているので、超ワクワクしています。
早く次作を観たいな〜!!!



68BED8BB-12EE-4CB6-B3FD-157674805BCE.jpeg


posted by Rumiko at 13:57| Comment(0) | 映画

2022年05月02日

お客様の声 2

セッションをお受けいただきましたクラインアント様よりご感想をいただきましたので、ご了承の上掲載をさせていただきます。人によってセッションについての感じ方や受け取り方は違い、また何も感じない場合であってもそれは間違えではありません。いろんな感じ方や受け取り方があって良いと思いますが、以下はひとつの例としてご参考になさっていただければと思います。


お客様の声

・昨日は遠隔ヒーリングを行って頂きまして、どうもありがとうございました。
布団で横になっていましたが途中から脳内に光が生じて思考が明るくなり、
それにより疲労が取れてきて、やる気が出てきて起き出しました。

セッション後の、ご報告読ませて頂きました。
こんなにも的確にまた詳細に伝えて頂きまして
正直、感嘆しております。
どうもありがとうございました。

全て私が胸の内に思っていることを文章化して頂いている感じです。
パワーについて最近とても考えています。
オーラに関してお伝え頂いて気が付きました。
自然に触れ、伸び伸びが
私の一番大事にしたいことだと確信しました。

他にも全て該当しており、しっくりくる内容です。
気を楽に軽さを身に着ける自分になりたいと思わせて頂きました。
それが一番、今や、これからの私に必要なのだと
感じました。

ホームページのセンスとブログも惹かれて、清楚な気の方からヒーリングを受けるのが大事だと思い、申し込みさせて頂きました。
この度は真摯に、ご対応頂きまして、どうもありがとうございました。

遠隔ヒーリング  匿名さま




・有難うございます
とても面白かったです。
ヒーリング中、気になる部分に手を当てていました。
かなり強いエネルギーを感じました。
まだ頭の重さはありますが、(どの治療院にかかっても、自分でやってもなかなか抜けず困ってました。)
地球の真ん中に向けてのクラウディングは繋がりやすく、真の中心バランスも取りやすく、足が地についた様に感じます。自分自身との信頼関係の強化も感じます。
周囲から受け過ぎた影響も次々と映像で見えてきてます。
様々に受けてしまった影響や思い込みに手を振ってバイバイする様にしようかと思ってます。
漸く、心の底から湧き上がる笑みが溢れてきた様に思います。
ここまでの変化を感じたのは、今回初めてで感謝しています。
家族にも話したので、時間と心の余裕が重なり次第、又、申込をさせて頂きたいと思っています。

オーラリーディング+遠隔ヒーリング  匿名さま


掲載のご了承をいただきましたクライアントのみなさま、ありがとうございます!




C1169004-57C2-457D-B9DC-E9B4838A05AC.jpeg


posted by Rumiko at 16:27| Comment(0) | セッション

2022年04月26日

マダム・イン・ニューヨーク

マダム・イン・ニューヨークという映画を観ました。
インド人主婦がヒンドゥー語しか話せない自分を恥じて、一大決心をしてニューヨークで英語を学ぶ!というストーリーです。物語としては割とありきたりなのかな、と思い、さほど期待せずに観たのですが
これがなかなかの良い映画でした!

歌って踊って、涙や笑いもありの楽しくてそして深いボリウッド映画です。

英語が話せないことで家族の中で見下されてしまい、自分でもコンプレックスを持っている。。。料理上手で小さなビジネスをしている普通の主婦が、姪の結婚式に出席するため1人でニューヨークに行って、その間英語を習うことで変化し、自分のことを卑下することなく受け入れていくというお話でした。
女性監督の長編第1作作品だそうで、自分の母親をモデルとして描いたそうです。
主演のインド人女優さんは15年も女優業をしていなかったのにこの脚本に惚れ込み、復帰を決めたんだとか。。。

英語が話せるかどうかは別として、コンプレックスというのは誰にでもあるものです。
それをどのように捉えるのか、人のことをどう見るのか、そして自分をどう見るのか、自分を本当の意味で愛することはどういうことなのか。。。
などとても深い内容になっていました。特に女性として家族の世話に追われて本当の自分の価値を見出せないというところが、時代は変わっても今だに女性の抱える問題としてあることにも気づきます。

私自身も母親のことを、ほとんど専業主婦で小さな布花教室を公民館などで趣味として教えていただけで、特に自立をすることもない女性とずいぶんと見下してもいたんだな、と改めて思いました。
案外、人に向けている視線や評価は自分では気づかなくて、無意識だったりするものです。
この映画を観て多くの人が自分の母親に謝ることをした。。。とメイキングの中で主演女優さんが言っていましたが、なるほどそうだろうな、と感じました。

この映画でもっとも主題となっているのは、対等さだと思いました。
人と人との関係性の中でこの対等さというのは、得てして知らない間に失われていたり、自分を卑下するあまり対等ではなくなっていたりするものです。

どんな関係性においても、相手が男性だろうと女性だろうと、有識者だろうと目上の偉い人だろうと、自分と考えを異にする人だろうと、利害関係があろうとなかろうと、本当に対等であり続けるということはとても大事なことだと思いました。
だって対等であるからこそ、私たちは自分をきちんと愛することができ、ありのままの自分自身でいることを認め、受け入れることができるからです。

インドのとても美しいサリーを着こなした美しい主演女優さんと英語学校のいろんな国の個性的な生徒たちのやりとりや、家族の中で引け目を感じつつもみんなのために主婦業を頑張るヒロインがひととき恋愛気分を味わったりと、とても観ていて楽しい映画でした。

最後にヒロインが英語のスピーチをする場面がとても心に響きました!
私はこのシーンを2回観て2回とも泣いてしまいました!
国や時代は違っても、家族を愛し家庭という小さな宇宙を愛する気持ちと自分が自分自身を認め、自分を優先させることの難しさや葛藤があること。。。でも自分が自分を助けることこそが、結局まわりを愛し、助けることにもなるのだという大事なことにとても心を打たれる映画でした♪


4B92430F-8681-4237-88B5-1173FE401C92.jpeg


posted by Rumiko at 15:47| Comment(0) | 映画

2022年04月22日

一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案 土井善晴 グラフィック社

流行りものの本や映画はあまり興味がない方なのですが、本屋さんで見かけたこの本は題からして魅力的でつい手にとって見てしまいました。

思ってた以上にとても良い本でした。何が良いって一汁一菜で良いってことはとてもお料理する側には気楽だし、そしてその精神について書かれていることが、とても深くて良かったです。

なんでもついついこうあるべき。。。とか栄養はきちんと摂るべき。。。とか女性としてあるべき姿。。。などいつの間にか自分をがんじがらめにして縛り付けていたりするものです。

一杯のお味噌汁があればそれで良い。
一膳のご飯があればそれで良い。
味噌汁の具材はあるもので良い。
無理をしなくて良い。
その日の体調によって美味しく作れても、美味しく作れなくてもそれも良い。
そんな風に書かれていて本当に読んでいて、肩の荷が降りるような気持ちになりました。

確かに私たちは美食に慣れすぎて、食材が1年中あることに慣れすぎて大事なことを忘れがちなのかもしれません。

生きることは食べることで、働くことは食べるためで、愛情は食べ物から浸透する。。。
そういう単純さがとてもありがたくて、とても大事なことだと改めて気づくことのできる本でした。

静かな気持ちに、静かな自分に、豊かさとは何か。。。いろんな思いが深くなる文章でした。
オススメです!



2D18D97E-A977-4F2F-9B31-9D9141C8FF20.jpeg


posted by Rumiko at 00:06| Comment(0) |