2022年05月02日

お客様の声 2

セッションをお受けいただきましたクラインアント様よりご感想をいただきましたので、ご了承の上掲載をさせていただきます。人によってセッションについての感じ方や受け取り方は違い、また何も感じない場合であってもそれは間違えではありません。いろんな感じ方や受け取り方があって良いと思いますが、以下はひとつの例としてご参考になさっていただければと思います。


お客様の声

・昨日は遠隔ヒーリングを行って頂きまして、どうもありがとうございました。
布団で横になっていましたが途中から脳内に光が生じて思考が明るくなり、
それにより疲労が取れてきて、やる気が出てきて起き出しました。

セッション後の、ご報告読ませて頂きました。
こんなにも的確にまた詳細に伝えて頂きまして
正直、感嘆しております。
どうもありがとうございました。

全て私が胸の内に思っていることを文章化して頂いている感じです。
パワーについて最近とても考えています。
オーラに関してお伝え頂いて気が付きました。
自然に触れ、伸び伸びが
私の一番大事にしたいことだと確信しました。

他にも全て該当しており、しっくりくる内容です。
気を楽に軽さを身に着ける自分になりたいと思わせて頂きました。
それが一番、今や、これからの私に必要なのだと
感じました。

ホームページのセンスとブログも惹かれて、清楚な気の方からヒーリングを受けるのが大事だと思い、申し込みさせて頂きました。
この度は真摯に、ご対応頂きまして、どうもありがとうございました。

遠隔ヒーリング  匿名さま




・有難うございます
とても面白かったです。
ヒーリング中、気になる部分に手を当てていました。
かなり強いエネルギーを感じました。
まだ頭の重さはありますが、(どの治療院にかかっても、自分でやってもなかなか抜けず困ってました。)
地球の真ん中に向けてのクラウディングは繋がりやすく、真の中心バランスも取りやすく、足が地についた様に感じます。自分自身との信頼関係の強化も感じます。
周囲から受け過ぎた影響も次々と映像で見えてきてます。
様々に受けてしまった影響や思い込みに手を振ってバイバイする様にしようかと思ってます。
漸く、心の底から湧き上がる笑みが溢れてきた様に思います。
ここまでの変化を感じたのは、今回初めてで感謝しています。
家族にも話したので、時間と心の余裕が重なり次第、又、申込をさせて頂きたいと思っています。

オーラリーディング+遠隔ヒーリング  匿名さま


掲載のご了承をいただきましたクライアントのみなさま、ありがとうございます!




C1169004-57C2-457D-B9DC-E9B4838A05AC.jpeg


posted by Rumiko at 16:27| Comment(0) | セッション

2022年01月20日

お客様の声 1

クライアント様からセッションをお受けいただいたご感想をいただきました。
ご了承の上で掲載をさせていただきます。
セッションはおひとりおひとりが違った体験であり、それぞれの感じ方をされるものですがひとつの例としてご参考になさってみてください。

お客様の声

・首と肩の重苦しい感じがすっきりしてとても嬉しいです。責任感や緊張が乗っかってないか、体を感じて確認するようにしてみています。
豊かさについて、父の影響があるとのことで、
今まで10年以上、母親との関係について、ヒーリングやリーディングでたくさん乗り越えてきたのですが、母が亡くなり、今度は父との関係が出てきたんだなと思います。
私の意思決定やブロックに、少しでも父が影響していると意識していくことで、今後取り組んでいきたいと思います。

気付くことでエネルギーは大きく変わる、とblogで拝見して、ちょっとの意識でオーラやエネルギーが変わるんだなと思ったので、これからも自分でできることを少しずつ積み重ねていこうと思います。
またどうぞよろしくお願いいたします!

フリー・リーディング 匿名さま




・先日はリーディングとヒーリングをありがとうございました。

職場の上司との関係性はおっしゃる通りでびっくりしました。対策も教えていただきこれから気をつけたいと思います。 自分の気づいていない癖もご指摘いただいてハッとしました。

セッション後にヒーリングしてもらった感にあい、電車に乗っているのに大泣きしました。 こんなことってあるんですね。ふっと、自分の存在が癒された気がして涙が勝手に出てきました。
不要なエネルギーも取り除いていただいたので首から背中にかけての痛みや不調がなくなりました。

ありがとうございました。
またよろしくお願いします。

フリー・リーディング+遠隔ヒーリング  Rさま



・先日は遠隔ヒーリングをありがとうございました。

実はお願いしたときは、正直痛みが消えるとまでは思っていませんでした。エネルギーを浄化していただいて体のバランスが整ったら、少しでも痛みが緩和するかも、という淡い期待だったんです。

遠隔ヒーリング当日はとても忙しい日で、その日が遠隔ヒーリングの日だということをすっかり忘れていました。家に帰ってリュミエールさんからのメールを見て「ああ、きょうはヒーリングをお願いした日だったんだ」と思いだしたくらいです。そして、そのとき足の痛みがすっかり消えているのに気づきました。

足の奥にあったえも言えぬ不快な痛み、それが消えていたんです。「おかしいなあ、たしかに痛かったはずなのに」と、痛かった場所を探すように思わず足をぐりぐりまわしていました(笑)。

後日、少しまた痛みがもどった日もありましたが、その後はセッション以前とは比べ物にならないスピードで回復し、今ではすっかり直りました。本当にありがとうございました。体を浄化するってすごいんですね。

とても不思議な体験だったので、今度はぜひ対面のセッションを受けてみたいと思っています。
またどうぞよろしくお願いいたします。

遠隔ヒーリング  Iさま 



・自分を所有する
今 ここ この瞬間 を生きる
私ではないエネルギーに支配されない

そんなことを念頭に自分がどんどん
変わりつつある過程でのセッションでした。

自分の内側に目を向けていく中で
日頃、自分の中に感じていた
二面性のような居心地の悪さについて
わかった!という感じでした。

本来の自分はこうしたいのに
できない…
過去世や母からのエネルギーが
強くなってしまっていること
とっても納得いく伝え方をしていただきました。

本当はこうしたい!が今の私
常に「今 ここ この瞬間」の大切さ
を更に自分の中に落とすことができ
そこのエネルギーをもっと強くして
自分を所有していくことを
かたーく決意することができました。

これから私として新たな人生が始まる感じです
新しい世界を見ていく中で
変わった自分をまたの機会に
みていただきたいと思います。

今までの自分にありがとうをして
心地よくスタートします!

オーラ・リーディング  Kさま



・ヒーリングの後は、オーラがパンパンでしっかり守られている感覚があり、寝る時も邪念がオーラに入ってこない感覚がありました。
自分の本来のエネルギー状態を久しぶりに思い出せて、これを覚えておきたいと思いました。
急きょ服を大量に捨てる流れになりました。エネルギーが軽くなったんですね。

母の影響と思っていた私の思い癖のいくつかは、父の影響だった記憶が出てきています。
以降、インナーチャイルドが父関連でよく泣いていて、一緒に泣いて浄化しています。
ありがとうございます。

遠隔ヒーリング  匿名さま




掲載のご了承をいただきましたクライアントのみなさま、ありがとうございました!



A1A6BA07-BF00-4D08-BA29-DA8C7F0D6544.jpeg



posted by Rumiko at 08:24| Comment(0) | セッション

2020年06月26日

初めてのスピリチュアルセッション 3

レバナはセッション時間が残り5分になる頃、言いました。
「あなたの喉にはオレンジ色のエネルギーがあります。もしあなたに興味があるのならですが、あなたには良いヒーラーになれるエネルギーがあります。」と言ったのです。

私はレバナの本の巻末にスクールの連絡先があり、日本にスクールがあるらしいことを知っていました。その時すぐにはわかりませんでしたが私はレバナのこの言葉を聞きにこのセッションを受けたのでした。
母の病気や自分のいろいろな問題や不安はセッションを受ける単なるきっかけに過ぎませんでした。私はただヒーリングやリーディングを学ぶにふさわしい人間なのかどうかをセッションを通して確かめにきていたのでした。

そして私が聞きたかった母の病気やその他の質問はすべて自分で読み解くべきものでした。それをレバナはわかっていたので、ほとんどの質問に対して端的な答えしかしなかったのです。

そのことをその後長い年月をかけて自分のエネルギーを浄化し、スキルを学ぶことで私ははっきりと理解しました。
そしてレバナの表面的ではない、とても深くて大きな愛を感じて本当に感謝をしました。私はこれまでこのような愛を知りませんでした。
相手を慰める、励ます、認めてあげる、そういうことが愛だと思っていたのです。

しかしレバナは見事なまでに平然として冷静で客観的な態度で、そしてとんでもなく大きな深い愛で相手の本当の意味での進化や成長を助けることを促していました。それはその時すぐには気づかないくらい大きな愛でした。

私はいつもセッションをする時にはこのことを肝に銘じています。つまり相手が意識の上で気づいていない場合でも本当に求めている本質的な問いに応える、それが相手にとっていつ情報として使うことができ理解できるのかわからなくても、ハートの深部に届くセッションをする、そういう本当の意味でその人の今世のテーマに沿った深いセッションをすることがとても大事だといつも念頭に思っています。

私が師であるレバナから学んだことはそれまでの人生では考えられないほどの大きなたくさんのことですが、最も大切なこととしてこの「愛」についてが大きかったな、と今も思います。

スピリチュアルな世界は三次元の物理世界から離れた絵空事とは違います。フワフワした夢のような魔法や今の生活から遠い幻想を叶える夢の世界ではありません。スピリチュアリティとは現実という装置の大元、それぞれの人の波動で作ったオリジナルな世界の原型です。

私はスピリチュアルなセッションに抵抗のある人のことが理解できます。かつて自分も理性的に生きようとがんばっていたためそういう観点で物事を見る人のことがよくわかります。それはそれで悪いことではありません。そうして物事が現実的で理性的で三次元的に動いていく、そういう理解ならそれで良いとも思います。
しかしもしもそれだけではない、もっと深いことを知りたい、もっと根元的な理由、原因、宇宙の仕組みや法則を知りたいと思っているのなら、リーディングやヒーリングのセッションを受けてみて視野を広げてみるのは良いことと思います。

ハイアーセルフは無駄な経験をさせることはありません。誰にでもある直感を使えばあなたにも必要な時に必要な情報を得る手段は自ずと現れてきます。ぜひそのチャンスを逃さないでいただきたいと思います^_^


rumikopower@gmail.com


E23222DE-88D4-4858-801B-18E32E248EB0.jpeg
posted by Rumiko at 16:07| Comment(0) | セッション

初めてのスピリチュアルセッション 2

セッション当日、ビルの一室の無機質な部屋に通されて私はここで待つようにと言われました。奥には白い衝立があり、そのむこうにレバナがいるようでした。
部屋にはその衝立の奥から聞こえる音が響きます。カチカチカタカタ、謎の音はしばらく続いて止まりました。私はセッション前の何かのおまじない?儀式??と思ってますますドギマギしていました。
実際のところ、それはただレバナがPCを打ってる音に過ぎませんでした^^;

セッションが始まってからは私はとにかく限られた時間内に自分の聞きたい質問を全部しようと質問を書いた紙を握りしめ必死でした。レバナの答えはとてもシンプルで明解でした。私を安心させるような情報もあったし、時折笑顔を見せてもくれました。しかし全体的には私の予想とはまったく異なり、とても事務的で冷静でただの普通の世間話に近いものもありました。私はますます慌ててもっと核心に迫る透視でしかわからない情報を聞き出さなくては、と思い焦りました。

しかし後から思えばこれもすべてレバナはわかっていたことなのだと思いました。私がレバナのセッションで本当に聞きたいことはたったひとつのことだったのです。それはセッション時間があと残り5分の時に唐突に言われました。
つづく

rumikopower@gmail.com


6EC74B3D-37B5-41A6-AE33-A07B5BC9CC44.jpeg

posted by Rumiko at 15:27| Comment(0) | セッション

2020年06月24日

初めてのスピリチュアルセッション 1

もうずいぶん前のことです。私が初めてスピリチュアルなセッションを受けた時、それはもうとんでもなく緊張しました。私にとってのスピリチュアルな世界はその当時、自分の感覚と本という二次元の世界でしかありませんでした。そんな私が後に師となるレバナのセッションを受けたのは、母が末期のがんと診断され入院していた時でした。
私は本当に清水の舞台から飛び降りるような思いでレバナのセッションを申込みました。当時の私にとってセッション代金はとても高額でした。それでも私はそれまでレバナの本を読んでいたので、医学的ではない見地から母の病についてどうしても知りたかったのです。

私のスピリチュアルなセッションのイメージはレバナから「あなたは今までよくやってきた、よくがんばった」などと認めてもらえハグしてもらえるようなものでした。そのため泣いてしまうだろうと思い、ハンカチを2枚持参してセッションに臨みました。セッションを受けることは本当にドキドキする、今までの行動とはまったく違う私の試みでもありました。

そうして私は初めてレバナという私にとって決定的な人生のターニングポイントとなる人に出会うことになりました。
レバナのセッションは私の予想とはまったく違う体験でした。
そこから今もまだ続いているスピリチュアリティの探究という長い長い旅に出ることになろうとはその時には思いもしませんでした。
つづく


 
rumikopower@gmail.com

9E773866-F0E4-4AFF-963D-38B3BFEC2FA1.jpeg


posted by Rumiko at 16:51| Comment(0) | セッション