2020年12月07日

自分でできるインナーチャイルドワーク

傷ついたインナーチャイルド、というのは多くの人が持つ課題です。意識するとしないとに関わらず、心の奥底にいる傷ついた子供時代の幼な子、インナーチャイルドは私達の本心に直結しているエネルギーだからです。
そのインナーチャイルドを癒すことはとても有効なエネルギーワークです。

この本はひとりでできるワークがいくつもの章に渡り載っています。誰かに言うことには抵抗があっても自分になら文章や絵で傷ついた気持ちを表現することはできるはずです。

表現するということはとても大事なことです。外に出して自分を客体化して眺めることもできます。つまり自分で自分を癒すことにもつなげられます。

私はこの本の中で描いた自分の絵を見て本当に驚かされました。自分がどう感じているのかがとてもよくわかったからです。これは文を書いたり絵を描いたり実際にしてみないと心で感じているだけではわかりません。

インナーチャイルドは大人のあなたに気持ちを表現することを怖がっているかもしれません。少しずつ距離を縮めて仲良くなって自分のインナーチャイルドと良い信頼関係を築く、これは現実にも大きく影響するとても大事なことだと思います。

興味のある方はぜひこの本で何度もワークをしてみてください!
そしてインナーチャイルドの声をもっとはっきり聴きたいと思ったら、セッションを受けてみるチャンスが来ています。


D8AC082C-6F2B-4F89-9B72-8DED8A781B51.jpeg


posted by Rumiko at 14:11| Comment(0) | スピリチュアル